【インタビュー】18-19シーズン 【日本代表】2017・2018 インタビュー 日本代表

日本代表♡イラン戦インタビュー | 2018.09.17

更新日:

ワールドカップ2019
2次予選
Window4
2戦目
vsイラン

アドセンス




渡邊雄太

 

MC:この方が日本に帰ってきました。渡邊雄太選手です。

 

渡邊:ありがとうございました。

 

MC:まずは今試合を終えてどんな気持ちですか?

 

渡邊:えっと、まず言いたいのは…ちょっとあの~皆さんもっと僕のこと期待して観てたと思うんですけど、その通りの活躍が出来なくてまず本当すみませんでした。ただ皆さんの声援のお陰で後半立て直して良いプレーすることが出来たんで、今日 強豪イランに勝つことが出来ました。本当にありがとうございました。

 

MC:まさにその強敵イランに56得点しか与えませんでした。ディフェンスどんなところに力を入れましたか?

 

渡邊:えっとチームでとにかく40分間タフにディフェンスし続けようってことでずっと声を掛け合ってて、相手の8番が前半すごいシュート当たってたんで後半は僕に8番を任せてくれて、後半8番をかなり止めることが出来たんじゃないかなと言う風に思っています。

 

MC:そう言う意味では渡邊選手のそのディフェンス力と言うのを見せつけられたんじゃないですか?

 

渡邊:そうですね、そこはやっぱり期待してもらってた部分があったと思うんで。やっぱり今日シュートのタッチがすごく悪かったんで、まずディフェンスから絶対にやろうって言うことで、まあ8番任されたんで、自分がシュート決められなかったら相手にもシュート決めさせないって、そう言う気持ちでプレーしてました。(わお~かっこいいこと言ってる♡)

 


※渡邊選手と仲が良い八村選手&富樫選手が微笑みながらインタビューを見守っている♡

 

MC:そして渡邊選手は久々の日本での代表戦でした。この最高のブースターに囲まれての代表戦いかがでしたか?

 

渡邊:いや、本当もうアップのときからすごい楽しくて、この間 日本で試合したのはジョージワシントンとしての日本代表の相手チームだったんで、今回日本代表としてプレーすることが出来て本当に本当に楽しい時間でした。本当にありがとうございました。

 

MC:ありがとうございました。渡邊雄太選手でした。

 

渡邊:ありがとうございました。

アドセンス




八村塁

 

MC:続きまして八村塁選手です。おめでとうございます。

 

八村:(観客に向かって拍手パチパチパチ)

 

MC:厳しい試合だったと思います。今振り返っていかがですか?

 

八村:いやもう本当に今もうチームメイトもそうですけども、スタッフみんな、みんな観客もすごい文字の通り「日本一丸」で出来てこの1勝が出来たと思います。本当に嬉しいです。

 

MC:イラン代表は非常に身長が高い選手が多かったと思いますが、かなり激しいプレーもありました。やっていてこう言うところ気を付けようと言うのはあったんですか?

 

八村:やっぱりフィジカルもすごい強いチームで、やっぱりリバウンドのところで負けてはいけないと思ってリバウンドを今日みんなですごい頑張りました。

 

MC:そして手元の資料では八村選手25得点です!今日も取りましたね!

 

八村:はい。今日あの~実は僕の大好きな妹の誕生日で、あっちにいるんですけど。あの~、妹に一緒に…皆さん一緒にハッピーバースデー踊り…あぁ…歌いましょう!妹の名前はマリちゃんです、マリちゃん。せ~の!

 

(会場全体で楽しそうにハッピーバースデーを合唱♪)

 


※マリちゃん照れ笑い♡かわいい

 

MC:ありがとうございました。

 

八村:ありがとうございます。(素敵なお兄さんや~♡涙)

 

MC:八村選手でした。そしてマリさんおめでとうございます。

 

Twitter

 

試合翌日に八村選手がツイート♪

 

【2018.09.18 20:18】

アドセンス




竹内譲次

 

MC:続きまして竹内譲次選手です。おめでとうございます。

 

竹内:ありがとうございま~す。

 

MC:竹内選手が歩いて来たときの大歓声、いかがですか?

 

竹内:いや(笑)あの二人の後にインタビューを受けるのがすごくツライです。

 

(会場笑い)

 

MC:非常に厳しい試合となりましたが、その中でもイラン相手に全く負けていませんでした。どんな思いでコートに立ったんですか?

 

竹内:あの、コーチからも「しばらくイランに勝てていない」と言う言葉があって、すごくあの~この試合にかける意気込みって言うのをコーチがすごく僕達に与えてくれたので、本当にコーチの言われた通り、作戦通りにプレーした結果、こう言うゲームをすることが出来ました。本当にありがとうございます。

 

MC:特にゴール下などでは負けていないと言うシーンがいくつもありました。ディフェンス面ではどう言った心掛けをしていたんですか?

 

竹内:4番の選手にはリバウンドを取らせないようにとコーチにはすごく言われてたので、まああの~自分が取れなくても取らせないって気持ちで試合に臨みました。(ふぉ~男気♡)

 

MC:そしてこのアカツキファイブ、4連勝です!

 

竹内:はい。あの~やっぱりツライときもありましたけど、本当にここにいられる方、あとネットやテレビで応援してくれた方、本当に僕等を信じてずっと応援してくれたと思うので、12月の富山の試合もまた僕達を応援してください。よろしくお願いします。

 

MC:ありがとうございました。竹内譲次選手でした!

アドセンス




富樫勇樹

 

MC:続きまして富樫勇樹選手です。おめでとうございます。

 

富樫:ありがとうございます。

 

MC:強豪イラン相手と言うことで本当に最後まで分からない試合でした。振り返ってみてください。

 

富樫:え~そうですね、もう3人が言ったんですけど、本当にタフな試合でしたけど皆さんのお陰で勝てたと思います。

 

MC:ポイントガードとして司令塔として、どんなところを意識していましたか。

 

富樫:え~まあ相手のポイントガードを止めるって言う、トランジションを止めるって言うことが自分の一番の仕事だったんですけど、まあそこに関してはそんなにやられなかったので、まああの~コーチに求められているものって言うのは出来たかなとは思うんですけど、パフォーマンスとしてはもっと上げなくてはいけない部分があると思うので、次の富山での試合までに修正してやって行きたいなと思います。

 

MC:それではこの会場にお越しの皆さんにメッセージをお願いします。

 

富樫:はい。本当にいつもたくさんの応援ありがとうございます。今度富山でホーム2試合あるので、まあちょっとここからは遠いですけど、ぜひ会場に足を運んで頂いて応援して貰いたいと思います。今日は本当にありがとうございました。

 

MC:ありがとうございました。富樫勇樹選手でした!

アドセンス




篠山竜青

 

MC:もちろんこの人を忘れてはいけません。篠山竜青選手です。おめでとうございます。

 

篠山:ありがとうございました。

 

MC:まずは振り返ってみて非常に厳しい試合だったと思います。いかがでしたか?

 

篠山:はい。あの~苦しい試合にはなりましたけど、その中で本当にこの日本一丸となった応援があって相手のフリースローを落とす要因になったりもしてたと思いますし、本当にこの体育館、日本一丸となって勝利出来たと思います。本当にありがとうございました。

 

MC:今日の試合はディフェンスと言うのが鍵になってくると思うんですが、本当に篠山選手は躍動していたと思います。ディフェンスに関してはどんな気持ちを乗せていたんですか?

 

篠山:ディフェンスがやっぱり自分の武器の1つだと思いますし、そこは本当に絶対に止めると言う気持ちでやりました。はい。

 

MC:そして会場はここから今度は富山に変わって、また試合があります。これからこの勢いを続けていく為にはどんなことをしたいですか?

 

篠山:はい。あの、これからまたそれぞれ所属のチームに帰って、今度Bリーグがスタートします。女子は今度スペインで世界選手権もありますし、日本中からバスケットで良いニュースを発信して行きたいと思っています。まあそれに増して本当にオーストラリアで今度 比江島選手がオーストラリアからも日本を発信してくれると思いますし…

 


※ちらっと比江島選手の様子を伺う篠山選手。笑

 


※めっちゃ笑顔の比江島選手

 

篠山:え~もちろん皆さんご存知の通りアメリカで渡邊選手や八村選手が日本のバスケットを発信してくれると思います。

 

※真面目な顔で「うんうん」と頷く渡邊選手

 

篠山:本当に世界中で日本のバスケットを頑張りますので、皆さんこれからのバスケットボールよろしくお願いします。今日はありがとうございました!

 

ーーー終わりーーー

 

全員の期待に応えてしっかり最後を締めくくった篠山選手でした♡

 

イラン戦の試合の様子は【こちらの記事】で書いてますので良ければ覗いて見てくださいね!

 

-【インタビュー】18-19シーズン, 【日本代表】2017・2018, インタビュー, 日本代表
-, , , , , , , , ,

Copyright© 女子目線!!Bリーグ , 2019 All Rights Reserved.