【インタビュー】17-18シーズン インタビュー

北海道♡多嶋朝飛1000アシスト&折茂武彦700試合出場 - 2018.03.05

更新日:

2017-18 | 第21節 第1戦 | レバンガ北海道 vs 西宮ストークス

 

試合結果 : 〇 北海道 109 - 74西宮 ●

 

勝利したレバンガ北海道より、桜井良太選手・折茂武彦選手・多嶋朝飛選手・ディジョン・トンプソン選手の4名が試合後のインタビューに応えました♪

アドセンス




ヒーローインタビュー #11 桜井良太

 

MC:さあ、それではここで、ヒーローインタビューと参りましょう。一つになって戦いました、今日のレバンガ北海道。ヒーローはこの方でございます。ナンバー11、桜井良太~!

 

 

MC:やはりこのピンクのユニフォームも桜色、名前が入っておりますが、今日のヒーロー、今ガッツポーズもされました。今のお気持ちはいかがでしょう。

 

桜井:いや、「僕」と思ってました!はい。ありがとうございます。ありがとうございまーす!

 

(会場笑い)

 

 

MC:どのあたりで今日は自分がヒーローだと言う風に感じました?

 

桜井:え~、3ポイント決めたあたりですね。リアルに。はい。

 

(会場笑い)

 

MC:15得点の、アシストが5つありますね。そしてスティール3つと大活躍でございましたけども、今日の試合を振り返って全体的にどう言った感想をお持ちでしょう。

 

桜井:そうですね、バイウィーク明けで他のチームが土日に先に試合がある中で(この対戦カードのみ月火)、やっぱりどのチームも調子を上げて来ている感じがあったので、僕たちもしっかり気を引き締めて、この試合に入らなければいけないなって言う気持ちで入りました。

 

 

MC:久々のホーム戦でした。ホームのこの感覚はやっぱり気持ち良いですか。

 

桜井:そうですね、久々の「きたえーる」だったんですけど、やっぱり良いですね。アウェイよりも。はい。

 

MC:明日もこの会場での試合があります。明日に向けて一言、意気込みをお願いします。

 

桜井:今日は前半で点数が離れたんですけども、明日は絶対こう言う形にはならないと思うので、また入りをしっかりして、今日ちょっとロクゼロ(北海道 0-6 西宮)と言う形で始まってしまったので、もう少し明日はしっかりした入りをして、1点でも多く勝って二連勝のままチャンピオンシップに向けて突っ走って行きたいと思うので、明日も是非応援よろしくお願いします。

 

MC:本日のヒーロー、桜井選手へのインタビューでした。

アドセンス




700試合出場 #9 折茂 武彦

 

MC:さあ、今日はたくさんの方にどんどんインタビューをして行きたいと思います。続きましてはこの方へのインタビューをさせて頂きます。ナンバー9、折茂武彦選手です。どうぞ~!

 

※「いやいや、僕は結構です」と言う様に、手を振っている折茂選手 兼 社長。

 

※折茂選手の代わりに松島選手が出てきました。笑

 

松島:社長が変わった。

 

MC:あ、社長が変わった…。社長へのインタビューとかじゃ無いんです。理由があって今、折茂選手を呼んだんですけれども…。

 

 

松島:社長が変わった。

 

MC:社長が変わった…あ、それ後にしましょう。

 

(会場笑い)

 

※追い返されてトボトボ帰っていく松島選手。笑

 

MC:折茂選手、みなさんもうお気付きだと思いますけども、700試合と言うところでインタビューさせてください。日本トップリーグ通算700試合出場。今日で決まりまして、まあ、本人にはいろいろ、こう新聞等も見ていますと「まあ、どうでも良いかな」と言うような風に言っていましたけども、25年と言う月日がこの700試合に繋がっていると思いますが、改めてどう言った気持ちでしょうか。

 

折茂:いや、どうでも良いですね。笑

 

(会場笑い)

 

MC:やっぱり、でも何か欲しいじゃないですか。

 

折茂:まあ、そうですね。長い間こうやってやっていれば試合も多くなりますし、なにしろこの年齢までコートに立てて戦える姿を皆さんに見せられるってことは非常に嬉しいですし、また本当にたくさんの応援をして頂いて感謝しています。

 

MC:本当に素晴らしいと思います。本日も12得点と言うことで安定感のあるシュートを我々ファンに見せて頂いておりますけども、まだあと21試合ありますね。明日もホームでの試合があります。今後の試合に向けて一言お願いします。

 

折茂:はい。もう本当に一試合一試合、勝負だと思いますので、しっかり目の前の試合を全力でチーム一丸となって戦って、何とかプレーオフ目指して頑張って行きたいと思いますので、また明日も皆さん応援よろしくお願いします!

 

MC:ありがとうございました。折茂武彦選手でした。ピンクのユニフォーム似合っていましたよ!

 

※確かに。日本一ピンクが似合う47才。ちょいワルオヤジ的な。

アドセンス




1000アシスト #8 多嶋朝飛

 

MC:それでは、この方にも話を聞いてみましょう。多嶋朝飛選手です!どうぞ~!

 

 

MC:そうです。今日の試合でプロ通算1000アシストと言うことでございます。

 

 

多嶋:(擦れ声)ありがとうございます!ゴホン!(咳)

 

MC:3つで1000になりまして、今日のアシストはチーム最多の8アシスト。刺すような素晴らしいアシストを今日もファンに見せて頂きましたけども、この数字を受けてどう言うお気持ちでしょう。

 

多嶋:そうですね。あの~多分1000アシストしている選手はたくさん居ると思うんですけど、まだまだ自分としてもしっかり成長して行きたいですし、チームの勝利に貢献できるように、これからも頑張って行きたいと思います。

 

MC:久々のホーム戦。気持ち良さそうにプレーしてましたね。いかがですか、この「きたえーる」の場所は。

 

 

多嶋:いや~1か月半振りでしたけど、やっぱり気持ち良かったですね。みなさんの前でこうやって「きたえーる」でプレーできて、皆さんとこうやって勝ちを共有できてすごく楽しかったので、また明日この気持ちを皆さんと共有できるように、僕たちも一生懸命頑張りますので、また明日も応援の方よろしくお願いします。

 

MC:ありがとうございました。1000アシストを達成しました多嶋朝飛選手でした!

アドセンス




新加入選手 #12 ディジョン・トンプソン

 

MC:さあ、まだまだインタビュー行きます。この方にお話を聞いて行きましょう。トンプソン選手、どうぞ前へお越しください。ようこそ北海道へ。皆さん、大きな拍手をお送り頂きましょう。

 

 

MC:ようこそ北海道にお越しくださいました。

 

トンプソン:Thank you!

 

 

MC:僕、今一番近くにいるんですけれども、すごく優しい目をしてますね。

 

トンプソン:(笑)Thank you.

 

MC:レバンガ北海道のチームは、どのように今日試合をしてご自身として見えていますか。

 

トンプソン:チームとしてエネルギーを持って、お客様からのエネルギーも頂き、チームでアグレッシブにプレーしました。

 

MC:今日の試合で、もうチームには慣れましたか。

 

トンプソン:初日からチームメイト、チームから歓迎されて、今日も素晴らしいファンの皆様のお陰で自分も落ち着いてプレーできたので、もう慣れています。

 

MC:北海道に来て、味噌ラーメンが美味しとおっしゃっていましたけども、今夜は味噌ラーメン食べるんですか?

 

 

トンプソン:味噌ラーメンは今日じゃなく、明日勝ってから、明日の夜食べようと思います。

 

MC:ありがとうございます。ファンの皆さんに一言お願いしても良ろしいですか。

 

トンプソン:皆様には温かい歓迎、非常に感謝しております。また明日も勝ちたいと思いますので、是非会場でお会いしましょう。ありがとうございます。

 

MC:ありがとうございました。ディジョン・トンプソン選手でした!

 

※これからもどしどし『女子目線なBリーグブログ』を更新して行きますので、もし気に入って頂けた方は【お気に入り登録】をお願い致します♡

 

-【インタビュー】17-18シーズン, インタビュー
-, , , , ,

Copyright© 女子目線!!Bリーグ , 2019 All Rights Reserved.