【ラジオ】2018 ラジオ

満田丈太郎♡名古屋Dでの近況を語る - 2018.11.14

更新日:

2018年11月14日
18時42分~50分
東海ラジオ
ドラヂカラ!!
「バスケなう」

【今回のゲスト】

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
背番号3
満田丈太郎(みつだじょうたろう)

アドセンス




MC男性①:東海ラジオ「バスケなう」この時間は名古屋ダイヤモンドドルフィンズの満田丈太郎選手と電話が繋がっています。早速呼んでみましょう。満田さ~ん!

 

満田:は~い!満田です。

 

MC①:よろしくお願いします。

 

MC女性②:よろしくお願いします。

 

満田:よろしくお願いします。

 

MC①:先週末行われたノーザンハピネッツ戦。たった1週間の間に2度も当たると言うちょっとね、やりにくかったところもあるかとは思うんですが、土曜日は79対63で負けてしまいましたが、翌日曜日は79対54で勝利。まあ1勝1敗と言う形になりましたけど、先週末の秋田戦はどうでした?2試合戦ってみて。

 

満田:そうですね、最初の土曜日に関してはチームとしてディフェンスはすごく良かったとは思うんですけど、ただ自分たちのオフェンスの部分で良いシュートは打てているんですけど、それを決めきれないって言う状況が続いてたんで、それで負けてしまったところはあったので、やっぱりディフェンスの良い部分は続けつつオフェンスを日曜日は修正して行ったので日曜日はしっかりリベンジを果たせたかなと思います。

 

MC①:ですよね~。特に日曜日79対54と言うことで、25点差付けて勝ったって言うのは、これはもう快勝ですよね?

 

満田:そうですね、はい。しっかり自分たちの目指してるプレーと言うか、そう言うのが出来たと言う試合でしたね。

 

MC①:まあ実際戦ってみて秋田…まあ前回はドルフィンズが連勝しましたんで、なんかこう「ここを変えて来たな」「こう言う作戦で来たな」ってなんかそう言うものは感じましたか?戦っていて。

 

満田:そうですね、やっぱりうちのセンターのジャスティン・バーレルがすごい相手チームが警戒していたので、そう言うところを押さえられてしまって。まあリバウンドだったりとか、インサイドの点を取れなかったりとかしているので、そう言うところを秋田は狙ってきたのかなと思います。

 

MC①:なるほど。そう言う中で1勝1敗と言うことになりまして。チームここまで15試合を消化して12勝3敗、西地区首位と言うことですけれども。満田さんが考えるこの好調の要因はどの辺でしょうか。

 

満田:チームの雰囲気もそうですし、誰が出ても全力でやれるようにしっかりみんなが準備してるって言うのが大きな要因だとは思います。

 

MC①:なるほど。それが15試合上手く機能してるってことなんでしょうねぇ。

 

満田:はい、そうですね。

 

MC①:で、満田さんは今シーズン横浜ビーコルセアーズから移籍されたんですけれども、ドルフィンズに一員になる前って、ドルフィンズってどんなチームって言うイメージでした?

 

満田:ドルフィンズのチームのイメージ…え~そうですね、トランディションがすごい速いチームであったり、あともう1つ、トランディションもあるんですけど3ポイントすごい打つチームで、それも高確率なんで、あの~なんて言うんですか、選手がすごい生き生きとしていると言うか、そう言うイメージがすごくありました。

 

MC①:お~どうでしょう。で実際そのドルフィンズの一員になられた訳ですけれども、外から見ているのと中に入ってみると何か違いってありましたか?

 

満田:え~と~チームがすごい若々しいので、コミュニケーションって言うのは、普段のコート内外でもすごい取れてると思うので、その監督コーチと選手間のコミュニケーションがすごい取れていて、そこはよりドルフィンズってすごいなって感じました。

 

MC①:ほ~なるほどね~。で、満田さんご自身、今シーズン全15試合、まあスターターは無いんですが全15試合出場されてます。今シーズン満田さんご自身は15試合、戦ってみていかがですか?

 

満田:いや~ちょっと自分の良いプレーって言うのが全然出来てないと思うので、そこはやっぱり自分の準備だったりコンディションだったりって言うのをしっかり上げて行かないといけないので、まずは普段の練習からしっかりやることですかね。

 

MC①:と言うことは満田さんご自身はまだドルフィンズのブースターを唸らせるようなプレーを出来ていないんじゃないかと(笑)

 

満田:全く出来てないですね(笑)自分もちょっと苦しみながらやってます。

 

MC①:へ~。そうなんですね。さあ今週末はいよいよファンにとっても大事な試合となります。16日金曜日と17日土曜日、愛知ダービーと言うことになるんですが、スカイホール豊田でのシーホース三河戦。やっぱりこれは負けられない試合は全部そうなんですが、特に負けられませんよね。

 

満田:はい、そうですね。やっぱり同じ地区同士の…あ、同じ地区ではないです、同じ愛知同士の戦いなので選手たち以外でもブースター間での戦いってのも多分あるかもしれないので(笑)そこはしっかりチームとファンの皆さん全員で勝って行ったら1つの勝利がすごい大きいものだと感じると思うんで大事な1戦ですね。

 

MC①:ですよね~。ちなみに10月愛知ダービーだった試合は80対75、96対93と本当1桁の点差と言う接戦をものにしたんですけども。まあ去年まではね、シーホース三河の方が上にいることの方が多かったんですが、今年は立場逆です。

 

満田:はい。

 

MC①:シーホース三河、今年はどうですか?戦ってみて。

 

満田:そうですね~外国籍選手がまた新しい2人が加わったと言うのもありますし、う~ん、あんまり主軸であるインサイドのバッツ選手だったり、シューターだと金丸選手がいると思うので、しっかりそう言うすごい選手を徹底してチームで押さえていくって言う、まあ戦い方と言うか。何て言うんですかね、はい(笑)

 

MC①:もうすでに満田さんの頭の中ではしっかりとそのゲームプランと言うか、そう言うものがあると言うのが良く分かりますよね、今お話伺ってもねぇ。今のところ12勝3敗と言うことで、貯金9つありますけれども、このあとも更に貯金を積み重ねて、ぜひ西地区首位の座をずーっとキープしてくださいね!

 

満田:はい。頑張ります(笑)

 

MC①:はい。また応援しておりますので、週末ぜひ頑張ってください!

 

満田:ありがとうございました。

 

MC①:どうも今日はありがとうございました。

 

MC②:ありがとうございました。

-【ラジオ】2018, ラジオ

Copyright© 女子目線!!Bリーグ , 2019 All Rights Reserved.