【インタビュー】18-19シーズン インタビュー

B1西地区♡第2節ヒーローインタビュー | 2018.10.17

投稿日:

B.LEAGUE
2018-19シーズン
第3節

勝利した西地区に所属するチームのヒーローインタビューを全部ご紹介します♪

アドセンス




名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

2018.10.17
第3節
〇 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 89 - 76 福岡ライジングゼファー ●

 

安藤周人

MC:では今日のMVP発表したいと思います。先程手元の集計で確認したところ、今日の3ポイントシュートが5分の5。ナンバー9安藤周人!

 

MC:ではまず試合を終えてどのような気持ちでしょう。

 

安藤:え~と、とりあえず勝てたことは良かったんですけど、本当に今日、平日に関わらずたくさんの応援ありがとうございました。え~と、結果的にはこう言う点差でしたけど、本当はもっともっと離せた点差があったんじゃないかなとは思うので、もっともっと詰めの甘い部分を無くしていけたら良いなと今日の試合で感じたと思いました。

 

MC:先程、手元の集計のお話をしましたけれども、3ポイント今日5分の5、トータル19ポイントの活躍と言うことです。個人的な出来と言う部分ではいかがですか?

 

安藤:いやまあ出来過ぎかなとは思うので。えーとーこの調子を、えーとシーズン始まったばっかりですけど、これからももっともっと続けて行けたら良いなと思います。

 

MC:そのオフェンスの部分、シュートの部分もそうなんですけど、よくボールに絡みに行ったような、パス回しに絡みに行ったような印象もあります。いかがですか?

 

安藤:いや、自分自身はそうは思ってないんですけど、えーとまだ笹山さんがケガから復帰してないので、あの人の分まで出来たら良いなと言う思いでやっているので、これからももっともっとチームの為に出来たら良いなと思います。

 

MC:ではドルファミのみなさんに今後の意気込み聞かせてください。

 

安藤:え~本日は本当に応援ありがとうございました。えーと、皆さんの声援がもっともっと欲しいので、ぜひ皆さん友達とか近場の人を連れて来て僕たちの応援をしてください!お願いします!

 

(※安藤選手の口癖:「もっともっと」笑)

アドセンス




大阪エヴェッサ

2018.10.17
第3節
● 滋賀レイクスターズ 60 - 64 大阪エヴェッサ 〇

 

ジョシュ・ハレルソン

MC:ジョシュ・ハレルソン選手にお話を伺い致します。お疲れ様でした。

 

ハレルソン:(通訳)今日はチーム一丸となってプレーをして、40分間しっかりと集中をして、そして一丸となって勝利をすることが出来ました。

 

MC:苦しい点があったと思うんですけど、何をモチベーションに頑張ることが出来たのでしょうか。

 

ハレルソン:私のモチベーションは大阪を再びプレーオフの舞台へと返り咲かせることです。シーズンは長いですが、毎試合毎試合勝つためにベストなパフォーマンスが出来るように頑張って行きたいと思います。

 

MC:今後はどんなプレーをして行きたいですか?

 

ハレルソン:しっかりと体のケアをして、またシュートの方も練習し続けて、長いシーズン耐えられるような体作りからしっかりとやって行きたいと思います。

 

MC:最後にブースターに一言お願いします。

 

ハレルソン:ファンの皆さま応援ありがとうございます。シーズンは長いですが、残りの試合でもファンの皆さまの前でプレー出来たらなと思います。応援よろしくお願いします。

 

MC:ジョシュ・ハレルソン選手でした。ありがとうございました。

 

ハレルソン:(日本語で)ありがとうございます。

 

※最後はペコリとお辞儀をするハレルソン選手

アドセンス




京都ハンナリーズ

2018.10.17
第3節
〇 京都ハンナリーズ 94 - 89 琉球ゴールデンキングス ●

 

内海慎吾

MC:今日は本当にどの選手も活躍してくださいました。ですので代表してナンバー33、シンゴ~ウツミ~!お話伺いたいと思いますよろしくお願い致します。まずは4連勝です。今のお気持ちを。

 

内海:ありがとうございます。嬉しいです!

 

MC:かなりタフなゲームだったと思うんですけど、内海選手、試合を終えて率直なところ教えてください。

 

内海:やはり接戦を勝つと言うのは非常に気持ち良いですし、接戦を勝てると言うのはファンの皆さんの応援のお陰で、ちょっとの差で勝てたなと言う風に思います。

 

MC:このタフなゲーム、制することが出来たポイント、キャプテンはどの辺りだったと思っていらっしゃいますか?

 

内海:炎さん(HC)も先程言ったんですけども、試合の前半ファウルトラブルがあったんですけれども、そこを全員でカバーすることで最後の逆転に我慢強く試合を運べたんじゃないかなと言う風に思います。

 

MC:特に第4クオーター残り27秒でしたかね、そこで24秒バイオレーションを取ることが出来ました。あの辺りのプレーは内海選手はどのように見ていたのでしょうか?

 

内海:やはりあの場面で(岡田)優介が機転を利かせてあそこのポストにダブルチーム行って、そう言う賢さが最後出て良いディフェンスに繋がったんじゃないかなと言う風に思います。

 

 

MC:いや本当に粘り強いハンナリーズを観ることが出来たこの勝利、そしてこの試合で内海選手、プロ通算500試合達成です!おめでとうございます!

 

(会場大歓声)

内海:ありがとうございまーす!

 

MC:今急に言われて500試合振り返ってみてと言ってもなかなか難しいかもしれませんけど、ここまでの500試合、長かったですか?短かったですか?

 

内海:いや~まあよくやってるなと思いますね(笑)

 

MC:はははは!

 

内海:本当にここまで所属させてもらったチームに本当に感謝したいと思います。

 

MC:そして内海選手はキャプテンとして長いシーズンを引っ張って行かなければなりません。これからのシーズンに向けてブースターの皆さんにメッセージをお願いします。

 

内海:はい。これからも京都ハンナリーズ、チーム全員でこのチームを引っ張って必ず良いチームになりたいと思います。ありがとうございました。

 

MC:ありがとうございました。内海選手にお話を伺いました。内海選手は500試合出場記念Tシャツの販売を予定していて、内海選手からの希望で出身地である北海道で先日発生した震災の復興支援に売り上げの一部が活用される予定です。(←素晴らしい!涙)

 

ーー終わりーー

 

※関連記事:第3節 中地区のヒーローインタビューは【こちら】

 

※これからもどしどし『女子目線なBリーグブログ』を更新して行きますので、もし気に入って頂けた方は【お気に入り登録】をお願い致します♡

 

 

 

 

-【インタビュー】18-19シーズン, インタビュー
-, , , , ,

Copyright© 女子目線!!Bリーグ , 2019 All Rights Reserved.