【写真】17-18シーズン 写真館

朝日新聞に大きいB.LEAGUEの広告♡2018.03.14

更新日:

2018年3月14日付の朝日新聞朝刊に、Bリーグの広告が掲載されました。

 

5月に開催される今季のチャンピオンシップに向けて、残りのレギュラーシーズンを勢いづけることが狙いとのこと。

 

キャッチコピーは『ここから先は、結果こそすべて。

 

5つの新聞販売エリア(北海道・東京・名古屋・大阪・西部)によって掲載されている選手も異なり、話題となりました。

アドセンス




北海道エリア

 

レバンガ北海道 #9 折茂 武彦(おりも たけひこ)

 

 

【超越。】

 

引退。そんな言葉にグラつくほど、

 

中途半端な気持ちでバスケやってない。

 

折茂武彦、47才。

 

レバンガ北海道のオーナーにして、

 

チーム屈指の名シューター。

 

年齢という名の常識を覆す強靭な意思と、

 

彼のポディションを奪おうとする

 

若い選手たちとの激しい凌ぎ合いが、

 

リーグ最北のチームに、

 

かつてない熱と勢いをもたらしている。

 

 

東京エリア

 

栃木ブレックス #0 田臥 勇太(たぶせ ゆうた)

 

 

【不屈。】

 

初代王者は、長く苦しんでいた。

 

栃木ブレックス。現在、東地区4位。

 

残り試合は、決して多くない。

 

しかし、頂点に立つことを諦めた奴など、

 

このチームには一人もいない。

 

ようやく役者が揃った。

 

本当の戦いは、ここからだ。

 

シーズン最終盤、疾風怒涛の反撃を、

 

主将・田臥勇太は熱いファンに誓う。

アドセンス




名古屋エリア

 

シーホース三河 #6 比江島 慎(ひえじま まこと)

 

 

【豹変。】

 

その控えめすぎるほどの物腰からは、

 

日本バスケの命運を握る男の影は、

 

全くと言っていいほど感じない。

 

比江島慎。

 

バスケットボール日本代表の絶対的エースは、

 

いつでも穏やかな表情を崩さない。

 

しかし、ボールを持った瞬間、

 

彼はコート上で最も危険な男へと姿を変える。

 

動物的な感性と、驚異の身体能力。

 

彼の視線は今、王者の座を明確に捉えている。

 

覚悟を決めたこの男は、誰よりもしなやかで、強い。

 

大阪エリア

 

富山グラウジーズ #11 宇都 直輝(うと なおき)

 

 

【気鋭。】

 

宇都直輝。

 

リーグ注目の大型ポイントガード。

 

スケール感あふれるそのプレースタイルは、

 

世代や性別を超え、多くのファンを魅了する。

 

富山の地で頭角を現し、

 

初代アシスト王にも輝いた、

 

まさにB.LEAGUEの申し子。

 

天性の明るさと負けん気の強さで、

 

宇都は今、この国のバスケットボールを

 

牽引する存在になろうとしている。

 

西部エリア

 

琉球ゴールデンキングス #51 古川 孝敏(ふるかわ たかとし)

 

 

【邁進。】

 

昨年の春、彼はリーグの頂点に立っていた。

 

初代王者、栃木の絶対的エース。

 

B.LEAGUE FINAL、初代MVP。

 

そのあくなき闘志は、彼が王者の椅子に

 

安住することを決して許さなかった。

 

古川孝敏、30歳。

 

円熟期を迎えるそのキャリアにおいてなお、

 

彼は新天地での挑戦を求めた。

 

今年の琉球は、明らかにその熱が違う。

 

その渦のど真ん中にはいつも、彼の鬼の形相がある。

 

 

まとめ

 

どのエリアの広告も、とーってもかっこいいヴィジュアルと文章ですよね!

 

この広告を見てBリーグのファンがもっともっと増えてくれることを願っています♡

 

 

※今後もどしどし『ゆる~い女子目線なBリーグブログ』を更新して行きますので、気に入って頂けた方は【お気に入り登録】をお願い致します♡

-【写真】17-18シーズン, 写真館
-, , , , , , , , ,

Copyright© 女子目線!!Bリーグ , 2019 All Rights Reserved.