【ラジオ】2018 ラジオ

多嶋朝飛♡今は苦しい時期「勝ちたい」- 2018.11.17

投稿日:

2018年11月17日
7:30~8:00
LEVANGA STATION
MC:森本優

 

【本日のゲスト】


レバンガ北海道
キャプテン
多嶋朝飛(たじまあさひ)

アドセンス




オープニング

 

森本:レバンガステーション第159クオーター、今日のゲストはレバンガ北海道から多嶋朝飛選手です。よろしくお願いします。

 

多嶋:よろしくお願いします。

 

森本:もう秋になってしまいまして…

 

多嶋:ね、早いですね本当に。

 

森本:早いですね。シーズン前にお越し頂いたんですけれども、どうですか?シーズン始まって今は。

 

多嶋:いや~タフですよ。スケジュールも含めて。

 

森本:ん~。それは皆さんね、おしゃってますんで、少しでもここでゆったりして頂ければと思います。

 

多嶋:そうですね、はい。

 

30才になった多嶋朝飛

 

森本:改めて多嶋選手ご紹介します。帯広市出身、現在30才、ポイントガード司令塔となっております。この番組でも言ったんですけど、朝飛さんと出会った時に朝飛さん25才だったんですよ。

 

多嶋:いや~怖いね。

 

森本:朝飛さん、30才か~と思って。僕もぐっときてました。

 

多嶋:なっちゃったんだよね~本当。

 

森本:メッセージもたくさん来ているんですけれど、どうですか?実際。30代になると言うのは。

 

多嶋:どうだろうね。変わりたくないなと思いつつ30になってしまいましたけど…。まあまあまあでも、ね、プレイヤーとしては良い経験を積んでもっともっと上目指して行かなきゃなって思うし、人間的にもまだまだ成長できるようにして行きたいなと思います。

 

森本:ラジオネーム「齋藤飛鳥さんの魅力に最近気付いたさゆりんご推し」さんからもですね…

 

多嶋:良いね、良い名前だね。

 

森本:はははは!笑

 

多嶋:ぐふふふ。笑

 

森本:ちなみに多嶋さんと同い年、30代の女性の方なんですけれども、私は職場の先輩に30代が一番楽しかったよと言われたので、レバンガの皆さんと共に30代を楽しく駆け抜けたいと思います、と頂いております。

 

多嶋:お~はい。

 

森本:変わらず応援して行きますよとメッセージ届いていますよ。

 

多嶋:はい。

アドセンス




オールスター2020が北海道開催に決定

 

森本:もう1人、ラジオネーム「りーちゃちゃ」さん、18才の女の子ですね。この1か月ハードなスケジュールお疲れ様でした。そしてBリーグオールスター2020北海道開催、本当に本当に本当におめでとうございます!災害もあった中、道民ブースターには本当に嬉しいことです。元気と勇気もらっています、と頂いております。これは本当に嬉しいニュースですね。

 

多嶋:ね、これは本当にクラブとファンの皆さんと北海道の方々がね、みんなで協力して勝ち取ったものだと思うので。まあ選手はね、何かしたわけでは無いのかなと思うし、本当にオール北海道で掴み取った権利ではないですけど、オールスターなのかなとは思います。

 

森本:またこのオールスターと言うコートの上でレバンガの選手が活躍するのも見たいって方ね、いらっしゃると思いますので…

 

多嶋:ね、はい。

 

森本:あと2年後?でももう後、年明けしますから1年後くらいに…

 

多嶋:まあ来シーズンのって感じだよね、多分。

 

森本:そうですよね!あっと言う間にまた来そうですね。皆様ぜひ楽しみに待っていてください!

 

限定Tシャツのデザイン

 

森本:そしてこちらはラジオネーム「ハロハロ」さんから頂いております。なかなか苦しい試合が続いていますが、ファンも選手とチームを信じて応援しています。今週末の帯広での川崎戦、篠山選手とのバチバチのマッチアップとても楽しみにしています。朝飛さんも対決楽しんでください。ちなみに帯広開催限定Tシャツのデザインって朝飛さんが考えたんですか?なかなか攻めたデザインでしたね、と言うことで…

 

 

多嶋:はい。

 

森本:このメッセージめちゃめちゃ届いてて。

 

多嶋:あ、本当ですか?

 

森本:Tシャツ気になってる方いらっしゃるんですけれども…

 

多嶋:ふんふんふん。

 

森本:これ朝飛さんがデザインしたと言うことで…

 

多嶋:いや、ここまでのデザイン力が俺にあったらもう天才になっちゃうから…

 

森本:はははははは!

 

多嶋:ふふ(笑)むしろ、こう言うのどう?って言う話はいろいろして、こう何ていうんだろう…じゃあこうしようか、ああしようかっていろいろ話し合った結果、ああ言う形に落ち着いたと言うか。

 

森本:なるほど。すごいかっこいいデザインですよね?今回の。

 

多嶋:ね。僕には今までなかった様なデザインだし、まあこう言うのも良いのかなと思って。

 

地元・帯広で試合

 

森本:毎年1回あるじゃないですか、帯広開催。今年も今日明日と言うことになりますけれども、どうですか?毎年このシーズンと言うのは。

 

 

多嶋:ね。まあ毎年毎年なんか気負わずに~とか、なんかいろいろ言ってますけど、なんだかんだで気負うし(笑)

 

森本:はははははは!

 

多嶋:なんだかんだでね、気負っちゃうし、知ってる顔も多いんでね、なんかやんなきゃなって想いにもなるんですけど、まあまあまあそう言ったのも含めてね、自分で全てそれを…う~ん何て言うんだろうな…雰囲気も含めて自分で感じて、そん中で自分がどう試合に入って行けるかって言うのも、まあ毎年毎年なんか変わってね、良い感じなのかなとも思うし、なにしろ勝ちたいっす!

 

森本:いや~そうですね!

 

多嶋:うん。

 

森本:毎年 朝飛さん言ってくれてて、で例年1試合目に落とすって言う日が多いので、帯広開催ってのは。今年こそ、ね…

 

多嶋:ね。

 

森本:篠山さんとの対決もチームとしての対決も2連勝で終えたいところですね。

 

多嶋:そうですね。

アドセンス




乃木坂46&欅坂46

 

森本:「あちゃな」さんからのメッセージも届いていおります。レバンガステーション朝飛セゾンの会の時に…って言う(笑)

 

多嶋:ふっ(笑)

 

森本:僕、言ってないんですけどね!

 

多嶋:確かに。

 

森本:Twitterでは言ってたけど。朝飛セゾンの会で年下のコミュニケーションについてメッセージを送ったら読んで頂けました。朝飛さんのアイディアを参考に年下の方にはもっと気にかけて少しずつですが自分からもたくさん声を掛けてコミュニケーションをとることができるようになりました。多嶋選手、アドバイスありがとうございました。辛くてもどかしいときかもしれませんが、私たちはまだまだ勝ちを信じています。ケガなく無理せず頑張ってください。応援しています、と頂いております。

 

多嶋:はい。

 

森本:で、リクエストが乃木坂のインフルエンサーと書いてますね。

 

多嶋:おーーーなるほど。

 

森本:もうあれですよ?朝飛さんが来るときは8割、乃木か欅の…

 

多嶋:どうもありがとう本当に!へへへ(笑)どうもありがとう。

 

森本:リクエストがかかってきて、中にはですよ、きっと今回も乃木と欅の話しかしないんですよねって書いてくれるんですけど…

 

多嶋:はははははは(笑)

 

森本:そんなことないですよね?

 

多嶋:そんなことないよ。いつもバスケットの話ちゃんとしてるからね。(←いえいえ、毎回 乃木と欅の話、めっちゃ多いです。笑)

 

森本:ねぇ。

 

多嶋:うん。

 

森本:だってバスケット番組ですからね?

 

多嶋:そうだから!そう。アイドル番組じゃないから(笑)

 

森本:そうですよ!

 

多嶋:そうそうそう。

 

森本:皆さんよろしくお願いします。と言うことで、1曲かけたいんですけど何にしますか?

 

多嶋:えっと~乃木の新曲で行きましょう!(←ズコーン!笑)

 

森本:あははははは!もうオチが完璧です。ありがとうございます。では乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」

アドセンス




森本:さあ、朝飛さん。最近は1期生の卒業も続いておりますが…

 

多嶋:ね、悲しくなってくるね、本当にね。

 

森本:あはははは!

 

多嶋:ふふ(笑)

 

森本:ただ新しい世代も続々出て来てますよ。

 

多嶋:そう、3期生かわいい子たち多いから。

 

森本:ね、レバンガのようにですよ。ベテランもいれば若い選手もいるみたいな。

 

多嶋:そう。バスケットの方にこう擦り合わせて、ね(笑)ふふふふ。

 

森本:どうにかこうシンクロさせようとすると言う、ね(笑)この曲に関してはどうですか、朝飛さんは。

 

多嶋:そうですね、まだ僕達は引退とかしてる年じゃないからアレですけれども、まあ振り返ったときにいろんな思い出をね、こうあったなって思えるようなバスケ人生にもしたいなって思う曲なのかなと。…あ、上手い!

 

森本:はははははは!

 

多嶋:はは!

 

森本:僕今言おうと思ったのに。どっちの番組か分かんなくなってきますが。

 

多嶋:ふふ(笑)

 

森本:お送りしたのは朝飛さんからのリクエスト、乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」でした。

アドセンス




チームの近況

 

森本:さあここからはがっつりダムダムバスケの振り返りして行きましょう。

 

多嶋:してきましょう。

 

森本:前節の振り返りしたいと思います。新潟アルビレックスBBとの試合がありました。初日は63対78、2日目は76対82、通算成績は4勝11敗で東地区5位となっております。

 

多嶋:はい。

 

 

森本:この2試合もかなりタフだったと思いますが、どんな印象でしたか。

 

多嶋:まあ相手がどことか関係なく、なかなか勝てない時期だから、まあ…なんて言うんだろうね、雰囲気も含めて難しい時期なのかなって感じはするんですけれども、まだまだあと40試合近くね、40試合以上残ってて自分たちが成長できるって言うのはしっかり感じてるし、今までシーズン当初、初めに比べたら自分たちがやってるってことって言うのは確実に向上はしてると思うので今いかに我慢して、あと今できることって言うのをしっかりやり続けられるかってのがすごく大事なのかなとは思います。今本当にみんなでもがいて頑張る時期なのかなと思います。

 

森本:特に攻撃力の高いチームとの試合が続いているので失点も目立ってしまうんですけれども、どうでしょう、ディフェンス、今回もテーマのひとつだとは思うんですが、ここまでやってきて少しずつ良い感じになってきてる感触ってありますか?

 

多嶋:ん~まあできてる部分もあるし、やっぱできてないところもまだまだあるし、そう言ったところは多分、う~ん…選手側もそうだしチームとしてもそうだし、もっとアジャストと言うか適応してやって行く必要はあるのかなとは感じるし、もっともっと今のディフェンスを完成させるにはやらなきゃいけないことがまだまだたくさんあるし、もっともっとコミュニケーションの部分だったりとか徹底する部分が、それを40分間ね、どれだけ積み重ねられるかってのがすごく大事な…バスケットは今すごくレベルの高いところを求められてるとは思うので、本当にそれをしっかり応えられるように準備は続けて行きたいなと思っています。

 

森本:選手としてはやはりヘッドコーチから高い要求をされるってことは嬉しいことでもありますよね。

 

多嶋:やっぱりね、応えてあげたいって言うか、それを要求されたことを応えて、それが自分のスキルアップにも繋がるだろうし、それをしっかりねチームの勝ちに繋げるって言うのが選手の責任だと思うから、そこに関しては結果が出てないからすごく今みんなが苦しい時期じゃないけど、難しい重たい雰囲気にもなって来るんだけど、本当にここを乗り越えれば絶対良くなる時期が来ると思うので、そこを続けてできればなとは思ってます。

 

森本:今季はポイントガード陣が多嶋選手、松島選手、山本選手の3人になってますけれども、シーズン始まって山本選手も少しずつコートに立つ時間も増えて来ましたが、3人でのポイントガードを回してるって感じはどう言う感じですか?

 

多嶋:そうだね、あの~リーグのルールが変わってずっとオンザコート2でやるって言うのが増えて、まあどのチームもなんですけど、ガード2人にしてって言うチームが多くなって来て、いかにそのバランスを取るかって言うのが、どのチームも多分難しく、その辺のプレータイムシェアも含めてすごく難しくなってくるんじゃないかなとは思ってるんですけれども。まあうちのインサイド2人も今頑張ってますし、そう言ったところも含めてどう言う風にチームとして勝ちに持って行けるかって言うのは自分もガードとしてしっかり考えてね、やって行ければなと思います。

 

森本:今おっしゃって頂いた通り今シーズン特に僕試合観ていると、どのチームもやはり外国籍選手だったりとか帰化選手の得点が非常に増えている。これはもうオンザコートのルールが変わったので仕方ないんですけども、そこに来て今季はやっぱり朝飛さんもそうですし松島選手もすごい果敢に攻めている印象があるので、誰がどうどこで取って行くのかって非常に楽しみな1つです。

 

多嶋:そうですね、はい。

アドセンス




新加入の選手たち

 

森本:そして新潟戦に関しては、関野選手が3ポイントたくさん決めたり、溝口選手が3ポイントたくさん決めたりと、各選手がポイント毎に活躍する場面もあります。新規加入選手に関しては、朝飛さんどう言う目線で見てますか。

 

多嶋:そうだね、あの~秀人さん、溝口選手に関しては本当にかなりタフな状況でいつも使われているにも関わらず踏ん切り良くシュート打ってくれるし、それが今チームを助けてくれているのでね、すごくチームとしても助かってますし、ここ欲しいって言うときにパッと出てパッと決めれる選手ってなかなかいないんだけど(笑)

 

森本:そうですね。

 

多嶋:今それはね、秀人さんが繋いでいるところかなとは思うんで、それは本当にこれからもねチームとしても助けてもらえたらなと思うし。まあ山も本当にまだまだ試合には多くは出ていないけれども、練習のとき本当にバチバチだから、本当に彼は。

 

森本:ああ~。

 

多嶋:あの~ふふ(笑)

 

森本:はははは!

 

多嶋:僕もね、いつもマッチアップしてるんだけど、本当ガツガツやってくるからもう負けられないようにと思ってますし、まあ一緒にね、高め合って行ければ良いなとは思ってます。

 

森本:なるほどね!山本選手はどの方もですね、最近お越し頂いたら「あいつはもう本当に熱いんだ」と。「バチバチなんだ」とおっしゃって頂くので、特にマッチアップしている多嶋さんからしたら…

 

多嶋:もう大変(笑)

 

森本:はははは!良いことですよね?

 

多嶋:うんそう、良いことなの。すごく良いこと。

 

川崎ブレイブサンダース

 

森本:今節もぜひね、活躍見せて欲しいんですが。会場が帯広市総合体育館です。対戦相手が川崎ブレイブサンダースとなっております。簡単にご紹介しましょう。現在12名の選手が所属してB1中地区2位のチームです。日本国籍を取得しましたニック・ファジーカス選手に加え、NBA経験選手を2名補強しております。更に前節でエースの辻直人選手が復活の兆しを見せ、更に勢いを増していると言うこの状況だからこそ2回勝ちたいですね!

 

多嶋:勝ちたい。

 

森本:ふふ(笑)もう想いと言うか目線がもう熱いですよ、多嶋選手の。特に毎年言われています、同級生でもありライバルとも言われております篠山選手。改めてになりますけれども、地元帯広で勝つと言うことに関しても少し意識ってのもありますか?

 

 

多嶋:まあ、勝てればね、これより嬉しいものは無いのかなってやっぱ思うし、自分としては。まあただね、強いチームってことは知ってますし簡単なゲームになることも無いことも分かってるので、自分たちが本当にレバンガとして、チームとして本当に1試合40分間をどれだけ我慢してどれだけこうやるべきことを積み重ねて行けるかって言う勝負になると思うんで、そこをどれだけ切らさずにチームとしてできるかって言うところは自分としてもそこに持って行けるようにしなきゃなとは思っています。

 

森本:攻め方のポイントとして川崎どう言う印象がありますか?こう言うオフェンスするなって言うのは。

 

多嶋:まあやっぱりファジーカスと辻選手が、まあメインとなってね、やってくるんですけど。まあファジーカスに関してはどのチームもやられるから(笑)

 

森本:それはもう間違いないですね。

 

多嶋:そのまあ普通だったら30点取れる選手だから、そこに関してはある程度しゃーないところはしゃーないのかなと、僕はある程度思ってるんですけど。いかに辻選手を乗せないかが多分川崎戦のポイントとなるのかなって感じがするので、辻選手にねマッチアップする選手も含めてしっかりチームとして彼を乗せないように。彼を乗せなければ外からの攻撃はほぼ無くなると思うので、そう言ったところは意識してやって行きたいなとは思います。

 

森本:なんとなく個人的に関野選手と辻選手、ちょっと似てる部分あるなと思ってて、第1クオーターの前半でスリー1本決めちゃうと、もう乗っちゃう選手だと僕思ってるんですよ。

 

多嶋:まあね、あの辻選手に関してはやっぱね、本当にシューターって感じだからそれこそ1本入れば乗っちゃうみたいな感じはあるし。まあ剛平に関してはシューターとは言えないんだけど(笑)

 

森本:あははは!

 

多嶋:ははは(笑)言えないんだけど、メンタル的な部分、彼も踏ん切りが良いし思い切りが良いから、最近特にね良くなって来てるからあいつも乗るタイプ、自分のプレーで乗るタイプだから、思い切り良いシュートが当たってくれればね、爆発的要素は持っている選手なので良いディフェンスからね彼のブレイク含めて思い切ったプレーを引き出せるようにしたいなと思います。

 

森本:まさにそこが司令塔としてどう言うゲームメイクをするかと言うあたりも非常に楽しみにしております。

 

多嶋:はい。

アドセンス




ファンへメッセージ

 

森本:では改めて最後にブースターの皆様にぜひメッセージ頂戴できますか?

 

多嶋:そうですね、4分の1くらい今終わってる中で、まあ全然勝ててないのでね(笑)、チーム選手も含めて苦しい時期を過ごしてはいるんですけど、それは多分ファンの皆さんも同じなのかなと。何してんだと思ってる方もいるかもしれないですし(笑)、一緒にね勝てなくて悲しんでるファンの方もたくさんいると思うし。ただその中でも本当にたくさんいつも応援してくれて、自分たちは皆さんとその勝利を分かち合うためにね、まだまだこれからも頑張って行かなきゃいけないと思っているので、また今週は帯広ですけれども会場でねたくさんの声援を送ってくれればと思いますし、僕達もそれに応えられるようにしっかりコート上で良いバスケットをしたいと思います。

 

森本:皆様ぜひ北海道同じ地域でありますので帯広に足を運んで頂きたいですし、たまたま行けないと言う方はいろんな方法で応援できますのでよろしくお願いします。さあ朝飛さん、恐らくですね次に会う頃にはもう年末もしくは2019年になっているかみたいなあたりですけれども、どうでしたか?この2018年、1年ざっくりと振り返ってみて。

 

多嶋:いや早いねぇ(笑)

 

森本:ははははははは!もうこんな話してますよ。

 

多嶋:そう。思いつかないくらい早いなぁ、2018年が。

 

森本:僕もレバステもそうですし、朝飛さんといろんなイベントも一緒にできてなんか楽しかったな~なんて思っております。

 

多嶋:ね、増えたよね、そう言うイベント系。

 

森本:はい、それはチームにとっても良いことだと思いますのでまたこれからのシーズンも楽しみにしております。

 

多嶋:はい。

 

森本:今日のゲスト、レバンガ北海道から多嶋朝飛選手でした。ありがとうございました。

 

多嶋:ありがとうございました。

 

-【ラジオ】2018, ラジオ
-,

Copyright© 女子目線!!Bリーグ , 2019 All Rights Reserved.