【ラジオ】2018 ラジオ

栃木♡開幕目前!HCや選手たちの声 - 2018.09.26

更新日:

CRT栃木放送
「BEST!BREX!」
2018.09.26
MC:佐藤成美

アドセンス




安齋竜三HC

 

佐藤:練習が行われている体育館の中にいます。試合の3週間前と言うこともあって緊張感漂う練習が行われています。安齋HCにお話を伺って行きます。まずは今日の練習について教えて頂けますか?

 


※安齋ヘッドコーチ。画像は栃木ブレックスTwitterより

 

安齋:徐々にいろんなフォーメーションだったりディフェンスのシステムって言うのを増やしてってる状況で、まあそれの遂行力を高めるような練習になったかなと思いますけれども。

 

佐藤:チームの様子はいかがですか?

 

安齋:まあ新しいことを入れるとやっぱり戸惑いとか考えすぎたりとかそう言うことがあったり、動きが全然覚えてなかったりって言うのがあるんで、それによって元々シンプルなオフェンスだけのときと質がちょっと変わって来て…まあ少し下がって来てるかなって言うのはあるんですけど、開幕まで2週間あるんで違う相手とゲームしながらどう言う状況になるかって言うのを見て行ったり、あと選手たちのキャパがどのくらいあるかって言うのを把握しきれていないと言うか、って言うところがあると思うんで、もしそれが多くてゲームに支障が出るようだったらもうそれをなくして、元々アーリーカップとかで使ってた様なやつだけにシンプルなやつだけに変えるって言うのを考えてはいるんですけど。

 

 

佐藤:安齋HCの理想と、今のこの時期の完成具合って言うのはいかがですか?

 

安齋:だいたい多分起こりえると思うんですけど、こう言うときって1回オフが明けてそのシーズンが始まるまでの間に1回ガッと上がって、アーリーカップの頃とかって言うのは結構ちゃんと出来上がりつつあったところで、今その体力面だったりちょっとこう下がって来る時期だと思うんで、そう言うときに体疲れててもどう言うプレーをして行かなきゃ行けないかって言うのをやっぱりシーズンではそう言うのが来るし、開幕に向けてもう1回上げる状況に来るまでここで我慢をどのくらい出来るかって言う今タイミングかなとは思ってるんで、それが出来れば開幕まではまた良い風に行くかなってその体も思ってますけど。

 

佐藤:開幕戦ギリギリまで調整をしている段階なんですね。

アドセンス




ライアン・ロシター

 

佐藤:続いてはバイスキャプテンで背番号22番、ライアン・ロシター選手に聞きました。

 

 

ロシター:(通訳)しっかり自分がチームをリードして選手がお互いにしっかりこう競い合いながら激しい練習をするようにと言うことなので、どんな練習をするにしてもお互いにしっかり競い合って練習することを重点に置いてやっています。

 

佐藤:レギュラーシーズンまであと3週間程となりましたけれども、それまでにどんな形に持って行きたいとか、ご自身の理想…

 

ロシター:シーズンが始まったときにコート上で疲れてプレーが出来ないと言うことが無いようにしっかりコンディションをこの3週間上げ続けるって言うことが必要かなと思っています。ブレックスアリーナでプレー出来るのをとても楽しみにしています。アーリーカップのときも素晴らしいファンの皆さんに素晴らしい雰囲気を作って頂いて、またシーズンが始まってあの雰囲気の中で試合出来ることを楽しみにしています。

 

佐藤:ライアン選手もあのブレアリの雰囲気、楽しみにされている様子が伝わって来ました。

アドセンス




遠藤祐亮

佐藤:続いては背番号9番、遠藤祐亮選手は課題と向き合っている姿が見られました。

 

 

佐藤:今日の練習でご自身で重点を置いて取り組まれたことってどんなことですか?

 

遠藤:ディフェンスを毎日激しくやってて、オフェンスで今結構ミスが多いんで、フォーメーションを間違えちゃったり。あとはターンオーバーが多かったりとかそう言うプレーがここ最近の試合で多いんで、そう言うミスを少なくやって行こうと言うのを意識してやりました。

 

佐藤:安齋HCもおっしゃっていましたが大分覚えることがたくさんあるそうなんですけれども、ご自身ではどんな風に捉えてますか?

 

遠藤:去年とは全く結構違うフォーメーションが増えて来てて数も多いんで、どう言う狙い目かとかそう言うのを理解しながらやんないと結構難しいと言うか。なんで全員がどのポディションでも覚えられるようなぐらい練習を積んで行かないとって言うのもあるんですけど、試合を追う毎にやっぱり精度も上がって来てるし理解度もみんな上がって来ていると思うんで、何試合かまだあるんでそう言うのを使って1つずつステップアップして行ければ良いなと思います。

 

佐藤:はい。遠藤選手から見てチーム全体の雰囲気って言うのは最近の練習はいかがですか?

 

遠藤:去年からずっとそうなんですけど、やっぱコミュニケーションがよく取れるチームだと思うし田臥さんだったりライアンとか渡邉さんとか年齢上の方がやっぱリーダーシップとって、こう言うときはどうしたら良いとか教えてくれるしコミュニケーション取りやすくしてくれてるし、チームの雰囲気って言うのは毎年結構良いですね、はい。

 

佐藤:シーズン開幕戦が3週間と迫っていて意気込みを一言教えて頂けますか?

 

遠藤:練習試合で出来ていないことが多いんで、シーズンに向けて個人もそうですけどチームとしてレベルアップして行かなきゃいけないなって言うのと、シーズンまであと少しなんですけど自分たちもすごい楽しみで、ファンの皆さんの前でプレーするために今頑張ってて、ファンの皆さんの前で戦えるのをすごい楽しみにしているのでこれからも応援よろしくお願いします。

アドセンス




山崎稜

 

佐藤:今練習が終わったところなんですが、山崎選手がキャプテンの田臥選手とライアン・ロシター選手に何かアドバイスを受けています。

 

佐藤:どんなことをお話されてたんですか?

山崎:同じ部分で何回か失敗した部分があったので、そのことについてちょっとあの~ライアンとの2対2の部分で起きたことだったんで、それについての解決をしてました。ディフェンスの部分でのコミュニケーション不足で起きた問題だったんで、しゃべって解決出来る問題なのでそこはしっかり話そうって言うことで。まあ徐々に新しいセットプレーを何個も入れいてる段階で、最後まで遂行するって言うのがチームとしてのレベルの底上げだと思うんで、そう言った面でしっかりまず覚えて狙い所は何個もあるんでそこをしっかり見極めてって感じで意識しながらやってます。

 

佐藤:そうなんですね。今日もハードに練習取り組まれて緊張感漂う練習だったんですけれども、チームの雰囲気はいかがですか?

 

山崎:いやもうすごい良い感じだと思いますけど(笑)みんなやっぱ良くしゃべるんでバスケットのことで。なのでコミュニケーション取れていると思います。

 

佐藤:じゃあ練習が終わった後も結構…

 

山崎:もありますし、プレーが止まって問題が起きたことをすぐ話して次はこうしようと解決するんで、そう言った面で同じ失敗2度しないようにって言うのはあるんで、すごい良い状態だとは思います。

 

佐藤:遠藤選手そして山崎選手、レギュラーシーズンまで2週間を切ったこの時期、チームの雰囲気は良く感じていらっしゃいました。お2人とも今課題を克服しようと一生懸命励んでいるところですね。

アドセンス




エリック・ロバーツ

 

佐藤:またこの日の練習ではブレックスに先週入団したばかりの背番号25番、エリック・ロバーツ選手も参加されていました。ロバート選手、父親がアメリカ人、母親が日本人で日本国籍を持っています。生まれは東京ですが家族の仕事の関係で7才でアメリカへ移りました。そして大学卒業までアメリカで過ごしました。この日はブレックスの印象はもちろんですが、日本に来てお気に入りのものも話してくれました。

 

佐藤:ブレックスに入られてチームの雰囲気はどのように感じられていますか?

 

ロバーツ:(通訳)本当に選手だったりコーチ陣だったりブレックスの会社に関わってるいろんな人が本当に自分に良くしてくれてフレンドリーに接してくれて、人と人が素晴らしいと言うところがこのチームを選んだ理由でもあるので、良い経験が出来ていると感じています。

 

佐藤:このブレックスの練習の雰囲気とかどんな風に感じられていますか?

 

ロバーツ:コンビネーションとかによっていろんなポディションをやらせてもらってるので、それぞれのポディションの動きを覚えたりしなくてはいけなかったりするんですけど、自分も出来るだけ早くプレーを覚えようと思っているので、とても練習も楽しんで参加出来てると思います。

 

佐藤:栃木県の印象ってどんな感じですか?

 

ロバーツ:自分がここに来る前に住んでいたリトルロックって言う自分が住んでた街に比べると宇都宮の方がもっと大きな街なので、街中を歩いていてもレストランとかがいっぱいあったり、食べ物とかもいろんな種類のチョイスがあって楽しめています。あとセブンイレブンの鮭おにぎりが気に入っています。鮭おにぎりとかは自分が子供の頃よく食べてたものなので、スイミングスクールの後とかに鮭おにぎりをよく食べていたので懐かしく思いながら食べています。ブレックスから話をもらったときに一番最初に観た試合が優勝した時のチャンピオンシップの試合だったので、本当にたくさんのお客さんが会場に声援を送ってくれていてコミュニティにサポートされているチームだと感じたので、実際に自分がその場で肌で感じられるのを楽しみにしています。

 

佐藤:外国人選手の即戦力としてこれからの活躍楽しみですね。

アドセンス




安齋竜三HC②

 

佐藤:最後に開幕戦に向けて、安齋HCのお話です。

 

安齋:相手のチームのことを考えるのはもうその週の練習のときだけで良いと思ってるんで、今はどっちかって言うと自分たちの細かい部分だったりやらなきゃいけないことだったり、そう言うのを本当集中的にやって、それをこの3週間でどのぐらいまで上げられるかって言うのが今年のチームの見せられる所かなと言うのはあるんで、まあ本当に3週間でどれだけ自分たちが僕等がやろうとしてるディフェンスとかオフェンスのレベルを高められるって言うところが鍵かなって思いますけど。

 

佐藤:開幕戦まで良い状態に持って行って頂きたいですね。そんなレギュラーシーズンですが来月6日土曜日にシーズン開幕戦を、ホーム開幕戦は12日金曜日に行われます。私達も応援して行きましょう。

 

---終わり---

 

※これからもどしどし『女子目線なBリーグブログ』を更新して行きますので、もし気に入って頂けた方は【お気に入り登録】をお願い致します♡

 

-【ラジオ】2018, ラジオ
-, , , ,

Copyright© 女子目線!!Bリーグ , 2019 All Rights Reserved.